音楽

ファンキーベーシスト【ウィリアム・”ブーツィー”・コリンズ(William “Bootsy” Collins)】

投稿日:

人生そのものがファンキーなミュージシャン【ウィリアム・”ブーツィー”・コリンズ(William “Bootsy” Collins)】

ジェームス・ブラウン(James Brown)、ジョージ・クリントン(George Clinton)とファンク(Funk)の王道を一筋に渡り歩き、ファンキー(Funky)という言葉が最も似合う最高のベーシスト!
そして私が最初に大ファンになったベーシスト、ウィリアム・”ブーツィー”・コリンズ(William “Bootsy” Collins)!!
ベースギターが超ド派手で、星形のサングラス★!格好、存在自体がファンキー!

ウィリアム・”ブーツィー”・コリンズは1951年にアメリカ合衆国のオハイオ州シンシナティーで生まれる。
最初は兄フェルプス・”キャットフィッシュ”・コリンズ(Phelps “Catfish” Collins)の影響でギターとベースを弾き始めたが、14歳頃から地元のクラブなどで兄と一緒に演奏する事が多くなり、自然に兄がギター、ブーツィーがベースとなったようだ。
1970年にジェームス・ブラウンからバックバンドの依頼が舞い込み、それから正式にジェームス・ブラウンのバックバンドとして活動をおこなうようになった。
後にこのジェームス・ブラウンのバックバンドをJB’sと名付けられた。
約2年間程JB’sに在籍し、1972年頃からジョージ・クリントンの誘いを受け、P-FUNKという異様で新しいファンク・ミュージックを演奏するパーラメント(Parliament)、ファンカデリック(Funkadelic)で活動をおこなう。
その後も自ら立ち上げたブーツィーズ・ラバーバンド(Bootsy’s Rubber Band)やソロでも活動もおこなうが、P-FUNKの色が強く影響された音になっている。
1997年にアメリカへ音楽で貢献した功績者に与えられる『ロックの殿堂』入りもしている。
現在も音楽界の第一線で活躍し、ソロアルバムを続々とリリースしている。
またスヌープ・ドッグ(Snoop Dogg)をはじめとした人気HIPHOPアーティストとも頻繁にコラボしている。
これは本当かどうかわからないが噂ではブーツィーはスヌープの叔父であるとか。
本当かなー??

彼のベーススタイルは、JB’sの時代に培った、これぞFUNKといったベースライン、音色、リズム感。そしてP-FUNKの影響で生まれた彼独特のうねるようなグルーブ感、そしてワウワウとした音感である。

2017年10月に「WORLD WIDE FUNK」という最新アルバムをリリースし、ファンキーなブーツィー・コリンズは健在である。

WORLD WIDE FUNK


William "Bootsy" Collins

ウィリアム・”ブーツィー”・コリンズ(William “Bootsy” Collins)

Twitter

Facebook

Instagram

-音楽
-, , ,

執筆者:


comment

関連記事

Teddy Riley

New Jack Swingの生みの親【テディー・ライリー(Teddy Riley)】

New Jack Swingという新たなR&Bジャンルを確立【テディー・ライリー(Teddy Riley)】 1980年代後半、学業よりも夜遊びする時間が大半を占め、毎週のようにクラブ通いをし …

谷川賢作

繊細なピアノフォルテ奏者【谷川賢作】

谷川賢作というピアノフォルテ奏者 音楽業界に身を置いた時期もあり、数十人と著名なピアニストの方達と出会い、演奏を聴いてきましたが、彼のように繊細で女性以上に女性的なピアノ演奏をする方は他にはいませんで …

村上秀一

日本No.1のドラマー【村上“PONTA”秀一】

日本最高峰のスーパードラマー【村上“PONTA”秀一】 村上“PONTA”秀一、これまで参加レコーディング数が10,000曲以上というドラマーが日本国内にいるだろうか?いや、村上秀一しかいないであろう …

Larry Graham

チョッパー・ベーシスト【ラリー・グラハム(Larry Graham)】

ファンキー・チョッパー・髭おじさん・ベーシスト【ラリー・グラハム(Larry Graham)】 チョッパー奏法のベース音を初めて聴いたのは当時“爆風スランプ”のメンバー“はひふへほーじん(江川ほーじん …

Maceo Parker

ファンキーサックスプレーヤー【メイシオ・パーカー(Maceo Parker)】

全身全霊でファンクするサックスプレーヤー【メイシオ・パーカー(Maceo Parker)】 彼を知るまで有名なサキソフォン(saxophone)プレーヤーは、全てJAZZのプレーヤーであった。 J.B …