音楽

極上の歌姫【デボラ・コックス(Deborah Cox)】

投稿日:2018年5月12日 更新日:

最高級の歌声で聴いた人を魅了させるR&Bシンガー【デボラ・コックス(Deborah Cox)】

デボラ・コックス(Deborah Cox)の歌声を聴いたのは、当時TOKYO FMで放送されていた久保田利伸の番組で聴いたのが初めてだった。
当時はモニカ(Monica)やブランディ(Brandy)とティーンエイジャー(10代)の人気黒人女性シンガーが続々とデビューし、大ヒット曲を連発している時代だった。
そんな時代に新たな歌姫が登場してきたのであった。

デボラ・コックスは1974年にカナダのトロントで生まれ育つ。
10代の頃からTVCMやナイトクラブなどで歌手活動をスタートさせ、アリスタの社長クライヴ・デイヴィス(Clive Davis)に発掘され、1995年アリスタ・レーベルから『センチメンタル(Sentimental)』でデビューし、全米ビルボード・チャートで27位、R&Bチャートで4位を獲得。
私が初めて聴いた彼女の歌声もこの曲だった。
当時人気若手女性シンガーが沢山輩出されていた戦国時代に素晴らしい結果を残せたのもデボラの力強い声質と人の心へ奥深く入ってくる歌唱力があったからこそだと思う。
また『センチメンタル』が収録されているアルバム『デボラ・コックス(Deborah Cox)』のプロデューサーの顔ぶれは、当時売れっ子プロデューサーであったベイビーフェイス(Babyface)、ダラス・オースティン(Dallas Austin)など錚々たる制作陣であった。
その後にも『Nobody’s Supposed to Be Here』や『We Can’t Be Friends』などのヒット曲も出している。
2000年以降は低迷し、2008年の『The Promise』が一番新しいアルバムだと私が勝手に思い込んでいたら、2017年に『Work Of Art』というアルバムをリリースしていたようだが、その後の音沙汰がない…。
デボラ・コックスがホイットニー・ヒューストンのカバーEPを今月リリースへ | bmr
ただ上記の記事内にもあるようにホイットニー・ヒューストンの代表映画『ボディーガード(The Bodyguard)』の挿入曲をカバーし、EP版レコードとしてリリースされているようだ。

数年前にピーボ・ブライソン(PEABO BRYSON)のデュエット・パートナーとして来日し、ブルノート東京で公演したが、残念ながら聴きに行く事ができなかった。

現在彼女は40代になっているが、私としては1日でも早く未発表のアルバム『Work Of Art』が聴きたくて仕方がない。
私は今でも、いつでもデボラを応援しています。そして再びデボラの歌声で心を癒されたいファンがいます。

Deborah Cox

Deborah Cox Offical Site

-音楽
-, , ,

執筆者:


comment

関連記事

谷川賢作

繊細なピアノフォルテ奏者【谷川賢作】

谷川賢作というピアノフォルテ奏者 音楽業界に身を置いた時期もあり、数十人と著名なピアニストの方達と出会い、演奏を聴いてきましたが、彼のように繊細で女性以上に女性的なピアノ演奏をする方は他にはいませんで …

Dave Weckl

スーパー・ドラマー【デイヴ・ウェックル(Dave Weckl)】

千手観音のようなスーパー・ドラマー【デイヴ・ウェックル(Dave Weckl)】 2007年の秋に東京国際フォーラムでおこなわれた“TOKYO JAZZ FESTIVAL 2007”で初めてデイヴ・ウ …

Maceo Parker

ファンキーサックスプレーヤー【メイシオ・パーカー(Maceo Parker)】

全身全霊でファンクするサックスプレーヤー【メイシオ・パーカー(Maceo Parker)】 彼を知るまで有名なサキソフォン(saxophone)プレーヤーは、全てJAZZのプレーヤーであった。 J.B …

村上秀一

日本No.1のドラマー【村上“PONTA”秀一】

日本最高峰のスーパードラマー【村上“PONTA”秀一】 村上“PONTA”秀一、これまで参加レコーディング数が10,000曲以上というドラマーが日本国内にいるだろうか?いや、村上秀一しかいないであろう …

Teddy Riley

New Jack Swingの生みの親【テディー・ライリー(Teddy Riley)】

New Jack Swingという新たなR&Bジャンルを確立【テディー・ライリー(Teddy Riley)】 1980年代後半、学業よりも夜遊びする時間が大半を占め、毎週のようにクラブ通いをし …