音楽

チョッパー・ベーシスト【ラリー・グラハム(Larry Graham)】

投稿日:

ファンキー・チョッパー・髭おじさん・ベーシスト【ラリー・グラハム(Larry Graham)】

チョッパー奏法のベース音を初めて聴いたのは当時“爆風スランプ”のメンバー“はひふへほーじん(江川ほーじん)”からでした。
彼が尊敬するベーシストとして言っていたのがラリー・グラハム(Larry Graham)でした。
そしてラリー・グラハムからスライ&ザ・ファミリー・ストーン(Sly & The Family Stone)を知る訳です。
※私個人の意見ですがチョッパーベースは“はひふへほーじん(江川ほーじん)”の方が上手い!
ラリーのベースは何故か人の心をウキウキさせ、飛び跳ねたくなり、遊園地にでも行ったような感覚になるのです。
不思議な音とグルーブ感です。

ラリー・グラハムは1946年にアメリカ合衆国のテキサス州生まれのカリフォルニア州オークランド育ち。
音楽家の両親の影響で幼少期からピアノやギター、そしてドラムやサックスなど様々な楽器の演奏を覚えたという。
15歳の時に母親と組んだバンドでベースを担当し、この当時にチョッパー奏法を自ら開発し現在のスタイルになっていく。
昔の人はチョッパー奏法と言いがちですが、スラップ奏法という呼び方が一般的なのかもしれない。
ただラリー自身は『Thumping & Plucking』と呼んでいるらしい。
改めてスラップ奏法とは弦を叩いたり、引っ張ったりする演奏方法で、このベース音があるだけでどんな曲もファンキーな感じに聴こえてしまうという不思議なベース奏法です。
今ではスラップ奏法メジャーになったが、当時は本当に珍しく奇妙で楽しい音でした。

ある時“面白い演奏をするベーシストがいる”と友人から誘われラリーのライヴを観に行き、彼をバンドに誘った人がいる。
それがスライ&ザ・ファミリー・ストーンのスライ・ストーン(Sly Stone)である。
その誘いにのり、1966年にスライ&ザ・ファミリー・ストーンに加入する。
そして「Dance to the Music」、「Everyday People」、「I Want to Take You Higher」など多数の大ヒット曲を世に送り出していくのであった。


Sly & The Family Stone “I Want To Take You Higher” LIVE on U.S. TV


スライ&ザ・ファミリー・ストーン脱退後、1973年にラリーがリーダーとなるグラハム・セントラル・ステーション(Graham Central Station)を結成する。
グラハム・セントラル・ステーションでも「POW」などのヒット曲を出している


Graham Central Station – Pow


以前から友好関係にあったプリンス(Prince)のレーベル【NPG】から1999年に「GCS2000」というアルバムをリリースし、アルバムの中ではプリンスやチャカ・カーン(Chaka Khan)も参加している。
ソロでも活動をしており、ソロアルバムの中では低音の甘い歌声を聴く事ができる。

ラリー・グラハムの特徴と言えば、やはりチャーミングな“口髭”である。
連想ゲームで“口髭”、“チョッパー”の2ワードで「ラリー・グラハム」と答えたら、間違いなくディスコ世代のおじさん、おばさんである(笑)。

現在70歳を超えたラリー・グラハムだが、未だに衰えを知らず精力的に音楽活動をしている。
またいつの日か日本に来日したら是非行きたいものだ。

Larry Graham

Larry Graham Offical Site

-音楽
-, , , ,

執筆者:


comment

関連記事

Hex Hector

KING OF REMIX【ヘックス・ヘクター(Hex Hector)】

REMIXのスペシャリスト【ヘックス・ヘクター(Hex Hector)】 ヘックス・ヘクター(Hex Hector)のREMIX(リミックス)を初めて聴いたのはトニー・ブラクストン(Toni Brax …

Teddy Riley

New Jack Swingの生みの親【テディー・ライリー(Teddy Riley)】

New Jack Swingという新たなR&Bジャンルを確立【テディー・ライリー(Teddy Riley)】 1980年代後半、学業よりも夜遊びする時間が大半を占め、毎週のようにクラブ通いをし …

村上秀一

日本No.1のドラマー【村上“PONTA”秀一】

日本最高峰のスーパードラマー【村上“PONTA”秀一】 村上“PONTA”秀一、これまで参加レコーディング数が10,000曲以上というドラマーが日本国内にいるだろうか?いや、村上秀一しかいないであろう …

William "Bootsy" Collins

ファンキーベーシスト【ウィリアム・”ブーツィー”・コリンズ(William “Bootsy” Collins)】

人生そのものがファンキーなミュージシャン【ウィリアム・”ブーツィー”・コリンズ(William “Bootsy” Collins)】 ジェームス・ブラウ …

Maceo Parker

ファンキーサックスプレーヤー【メイシオ・パーカー(Maceo Parker)】

全身全霊でファンクするサックスプレーヤー【メイシオ・パーカー(Maceo Parker)】 彼を知るまで有名なサキソフォン(saxophone)プレーヤーは、全てJAZZのプレーヤーであった。 J.B …