音楽

ファンキーサックスプレーヤー【メイシオ・パーカー(Maceo Parker)】

投稿日:

全身全霊でファンクするサックスプレーヤー【メイシオ・パーカー(Maceo Parker)】

彼を知るまで有名なサキソフォン(saxophone)プレーヤーは、全てJAZZのプレーヤーであった。
J.B.ことジェームス・ブラウン(James Brown)の音楽を好きになって、ファンク(FUNK)で奏でるサックスプレーヤーがいる事を知った。
たしか90年代の後半だったと思う。メイシオ・パーカーが日本に来日にした時に、とあるラジオの深夜番組のインタビューで彼は下記のように語った。
「私のサックスは1%がJAZZ。残りの99%はFUNKだ。」
この言葉が今でも忘れず、とても印象的でメイシオ・パーカーらしさを表現していた。

メイシオ・パーカーは、1943年にアメリカ合衆国のノースカロライナ州キンストンで生まれ、育つ。
12歳頃からサックスを始め、1964年頃からジェームス・ブラウン(James Brown)のバックバンドでプロとして活動を始め、ファンクの第一歩を踏み始める。
後にこのジェームス・ブラウンのバックバンドがJB’sと名乗るようになるのだが、メイシオも70年からJB’s名義のアルバムに参加している。
このJB’sからファンクのグルーブ感、ファンク魂を学び、ファンキーなサックスプレーヤーに成長していく。
1975年頃からジョージ・クリントン(George Clinton)が率いるP-FUNK軍団、パーラメント(Parliament)に参加し、ファンク色が更に濃くなり、ファンクのメイシオ・パーカーここにあり!という名サックスプレーヤーなっていく。

その後もJB’sでともに活動していたトロンボーン奏者フレッド・ウェズリー率いるフレッド・ウェズリー&ホーニー・ホーンズ(Fred Wesley & The Horny Horns)への参加、そして自ら立ち上げたユニット、メイシオ&オール・ザ・キングス・メン(Maceo & All The King’s Men)、メイシオ&ザ・マックス(Maceo & The Macks)などファンク活動の幅を広げていった。

現在(2018年時点)でも現役で活躍しており、2018年6月に日本へ来日し、ブルーノート東京で公演が予定されている。
公演内容は下記の通りです。
日程:2018年6月7日(木)~6月10日(日)
会場:ブルーノート東京(表参道駅徒歩8分)
アーティスト:メイシオ・パーカー & ヒズ・ビッグ・バンド “ディス・イズ・レイ・チャールズ ” featuring ザ・レイレッツ & スティーヴ・シグムンド
ミュージック・チャージ:8,800円(税込)
お問い合わせ:ブルーノート東京

メイシオ・パーカーのこの1曲!と言えば、やはりジェームス・ブラウンの名曲「Soul Power」をメイシオらしく表現した「Soul Power’74」だ!
※「Soul Power’74」はメイシオ&ザ・マックス名義でリリース。
この曲だけでもメイシオのファンクパワー、ファンク魂が100%以上堪能できる。

Maceo Parker

Maceo Parker Offical Site

Facebook

-音楽
-, , ,

執筆者:


comment

関連記事

谷川賢作

繊細なピアノフォルテ奏者【谷川賢作】

谷川賢作というピアノフォルテ奏者 音楽業界に身を置いた時期もあり、数十人と著名なピアニストの方達と出会い、演奏を聴いてきましたが、彼のように繊細で女性以上に女性的なピアノ演奏をする方は他にはいませんで …

Larry Graham

チョッパー・ベーシスト【ラリー・グラハム(Larry Graham)】

ファンキー・チョッパー・髭おじさん・ベーシスト【ラリー・グラハム(Larry Graham)】 チョッパー奏法のベース音を初めて聴いたのは当時“爆風スランプ”のメンバー“はひふへほーじん(江川ほーじん …

Dave Weckl

スーパー・ドラマー【デイヴ・ウェックル(Dave Weckl)】

千手観音のようなスーパー・ドラマー【デイヴ・ウェックル(Dave Weckl)】 2007年の秋に東京国際フォーラムでおこなわれた“TOKYO JAZZ FESTIVAL 2007”で初めてデイヴ・ウ …

Teddy Riley

New Jack Swingの生みの親【テディー・ライリー(Teddy Riley)】

New Jack Swingという新たなR&Bジャンルを確立【テディー・ライリー(Teddy Riley)】 1980年代後半、学業よりも夜遊びする時間が大半を占め、毎週のようにクラブ通いをし …

村上秀一

日本No.1のドラマー【村上“PONTA”秀一】

日本最高峰のスーパードラマー【村上“PONTA”秀一】 村上“PONTA”秀一、これまで参加レコーディング数が10,000曲以上というドラマーが日本国内にいるだろうか?いや、村上秀一しかいないであろう …