音楽

New Jack Swingの生みの親【テディー・ライリー(Teddy Riley)】

投稿日:

New Jack Swingという新たなR&Bジャンルを確立【テディー・ライリー(Teddy Riley)】

1980年代後半、学業よりも夜遊びする時間が大半を占め、毎週のようにクラブ通いをしていた。
行ったクラブ内で今まで聴いたダンスミュージック以上にキレが良く、弾み、跳ねる感じのリズム感の音と出会った。
それがNew Jack Swing(ニュー・ジャック・スウィング)だった。
New Jack Swingをこの世に生み出したのは他でもないテディー・ライリー(Teddy Riley)だ。
このリズムが音楽業界に新たな風をおこし、この先に世に発表されるR&B(リズム・アンド・ブルース)やHIPHOP(ヒップ・ホップ)へ多大なる影響を与えた。

テディー・ライリーは1967年にアメリカ合衆国のニューヨーク州ハーレムの生まれで、本名はエドワード・シオドア・ライリー(Edward Theodore Riley)。
10代の頃からミュージシャン活動、楽曲制作、音楽プロデューサーと色々な面で音楽業界に関わっていたが、1988年にGUY(ガイ)を結成し、ヒット曲を連発。
そしてプロデューサーとしてもボビー・ブラウン(Bobby Brown)の『My Prerogative』やキース・スウェット(KEITH SWEAT)の『I WANT HER』で成功を手にし、一躍人気のミュージシャン、そしてプロデューサーとなる。
New Jack Swingを文章で説明すると人へ上手く理解してもらえず、実際の楽曲を聴いてもらった方が早いと感じた。
その中でも私の個人的な好みになってしまうが、GUYの『Groove Me』はNew Jack Swingの神髄と思っている一曲である。
この曲のリズムがNew Jack Swingだ!

GUY – Groove Me

このミュージック・ビデオ(PV)の冒頭で脚を前後に交互に変えるダンス・ステップが披露されているが、これが“ロジャー・ラビット”というンス・ステップ。
ここ最近日本でもEXILE関連グループでも有名になったダンス・ステップ“ランニングマン”があるが、当時はが“ロジャー・ラビット”と並びNew Jack Swingでは人気のダンス・ステップであった。

1990年代になるとNew Jack Swingの人気も低迷し、GUYも活動休止になったが、KING OF POPのマイケル・ジャクソン(Michael Jackson)と出会い、彼のアルバム『DANGEROUS』の制作に関わる。
『DANGEROUS』の中に収められている『Remember the Time』は、マイケル・ジャクソンの個性とテディー・ライリーの色が丁度良く交わった楽曲になっている。

Michael Jackson – Remember The Time

マイケル・ジャクソンは自らの曲を他のミュージシャンがサンプリングで使用されることを嫌っていたが、『DANGEROUS』制作時にテディーと良い関係を築いたのか、テディーにはサンプリングの使用許可を出している。
そこで生まれたのがSWVの『Right Here』のREMIXでマイケルの曲『Human Nature』をバックトラックでサンプリングさせた『Right Here – Human Nature Remix』。

SWV – Right Here – Remix

テディー・ライリーは既に50歳を過ぎているが、現在も楽曲制作、音楽プロデューサーを中心に音楽活動をおこなっている。
これも私の勝手な思いだが、New Jack Swingがリバイバルし、GUYの復活も観てみたいものだ。

Teddy Riley

Teddy Riley Offical Site

-音楽
-, , ,

執筆者:


comment

関連記事

William "Bootsy" Collins

ファンキーベーシスト【ウィリアム・”ブーツィー”・コリンズ(William “Bootsy” Collins)】

人生そのものがファンキーなミュージシャン【ウィリアム・”ブーツィー”・コリンズ(William “Bootsy” Collins)】 ジェームス・ブラウ …

村上秀一

日本No.1のドラマー【村上“PONTA”秀一】

日本最高峰のスーパードラマー【村上“PONTA”秀一】 村上“PONTA”秀一、これまで参加レコーディング数が10,000曲以上というドラマーが日本国内にいるだろうか?いや、村上秀一しかいないであろう …

Dave Weckl

スーパー・ドラマー【デイヴ・ウェックル(Dave Weckl)】

千手観音のようなスーパー・ドラマー【デイヴ・ウェックル(Dave Weckl)】 2007年の秋に東京国際フォーラムでおこなわれた“TOKYO JAZZ FESTIVAL 2007”で初めてデイヴ・ウ …

Larry Graham

チョッパー・ベーシスト【ラリー・グラハム(Larry Graham)】

ファンキー・チョッパー・髭おじさん・ベーシスト【ラリー・グラハム(Larry Graham)】 チョッパー奏法のベース音を初めて聴いたのは当時“爆風スランプ”のメンバー“はひふへほーじん(江川ほーじん …

谷川賢作

繊細なピアノフォルテ奏者【谷川賢作】

谷川賢作というピアノフォルテ奏者 音楽業界に身を置いた時期もあり、数十人と著名なピアニストの方達と出会い、演奏を聴いてきましたが、彼のように繊細で女性以上に女性的なピアノ演奏をする方は他にはいませんで …